れず出会い

先日掲載した記事の中で、「知るきっかけがjメールだったものの、直接会うことにしたら犯罪者だった」という女性がいた話を出しましたが、女性としても考えがあるのでしょうが、その男性とは本気で付き合う関係になってしまいました。
本人に話を聞くと、「男性は格好から普通とは違い、どうして良いか分からないままひとまずついて行っただけ」との話だったのですが、じっくりと女性に話を聞いたら、彼女のタイプと近いこともあり断らなかったところがあったのです。
彼が犯した罪に関しては、刃渡りも結構長い刃物を使って肉親である親を刺したという事だったそうで、なかなかいないタイプで危険な相手だと思っても仕方が無いでしょうが、実際に話すと温厚そうな人で、愛想なども良かったものですから、警戒しなくても大丈夫だと思い、本格的な交際になっていったということです。
その彼女が男性とどうなったかというと、どこか不審に思える動きも見せていたので、黙ったまま何も言わずに出て行き、もう戻らないことにしたとその女性は語ってました。
一緒の部屋にいるだけなのに安心する暇がなくなり、一緒に同棲していた家から、話し合いなどしないまま雲隠れをしたということなのですが、見た目や雰囲気の怖さがあったというだけの話では済まず、意見が合わないとなると、力に頼ろうとしたり、暴力だって平気だというような動作で威嚇する事があるから、次第に必要ならお金まで渡し、他にも色々な頼み事を聞いて、しばらくは生活をしていったのです。
ライター「もしかしてjメール 評判芸能界の中で修業をしている人ってサクラでの収入に頼っている人が多いのですか?」
E(某芸能人)「そうだとよく耳にします。サクラでの小遣い稼ぎって、シフト他ではみない自由さだし、僕みたいな、急に必要とされるような仕事の人種にはどんぴしゃりなんですよ。イレギュラーな空き時間にできるし貴重な経験の一つになるし…」
C(現役アーティスト)「なかなかできない経験になるよね、女としてやり取りをするのは苦労もするけど自分たちは男性だから、自分がうれしい言葉を伝えてあげれば言い訳だし、男の心理はお見通しだから、相手もやすやすと食いついてくるんですよね」
A(メンキャバスタッフ)「意外な話、女でサクラをやっている人は男の心がわかってないからぶっちゃけ上手ではないっすよね」
著者「女性のサクラより、男のサクラの方が秀でた結果を残しているのですか?」
D(芸能事務所所属の男性)「そうです。優れた結果を出しているのは大体男性です。だけど、僕は女のキャラクターを作るのが下手っぴなんで、いつもこっぴどく叱られてます…」
E(芸人の一人)「言わずとしれて、正直者がバカをみるのがこの世界ですからね…。女性を演じるのが大変で…俺も頑張っているんです」
筆者「女性の役を成りきり続けるのも、思った以上に大変なんですね…」
女性ユーザーのどうやって作るかのトークで盛り上がる彼ら。
そんな話の中で、ある発言をきっかけに、アーティストを名乗るCさんに好奇心が集まりました。
「jメール運営側から頻繁にメールが来て困る…何がいけないの?」と、困惑した覚えのある方も多いでしょう。
筆者も苦い体験があり、そういった迷惑メールが来るケースの場合、利用したことのあるサイトが、いつの間にか何か所かに渡っている可能性があります。
このように考えるのは、jメールの大部分は、機械のシステムで、他のサイトに入力された個人情報をそのまま別のサイトにも流用しているからです。
明らかに、これは利用する側の望んだことではなく、いつのまにか流用されてしまう場合がほとんどなので、使っている側も、仕組みが分からないうちに、複数サイトからダイレクトメールが
それに、自動で登録されているケースの場合、退会すればいいのだと手続きをしようとする人が多いのですが、サイトをやめたところでナンセンスです。
ついに、退会もできない仕組みで、別のところに情報がダダ漏れです。
設定をいじっても大して意味はありませんし、まだフィルターにかからないアドレスを使ってメールを送るだけなのです。
一日で受信箱がいっぱいになるほど悪質な場合はためらわないで今のメールアドレスを変更するほかないのでうっかり登録しないよう注意が必要です。

関連記事はこちら