秋田無料出会い掲示板

筆者「もしや、芸能人の世界で売れていない人って、サクラでの収入に頼っている人が多いのですか?」
E(某業界人)「そうだと聞いています。サクラで生計を立てるって、シフト融通が利くし、俺たちみたいな、急にステージの予定が入ったりするようなタイプの人種には求めているものなんですよ。不規則な空時間にできるし、なかなかできない経験の一つになるし…」
C(某アーティスト)「経験の一つになるよね、女性のキャラクターとして接するのはなかなか大変だけど我々は男だから、自分がうれしい言葉を向こうに投げかけてやればいい訳だし、男性の気持ちをわかっているから、相手もたやすく飛びつくんですよね」
A(メンキャバ働き)「予想に反して、女の子のサクラは男の心がわかってないから正直下手っすよね」
筆者「女の子のサクラより、男性のサクラの方がもっと優れているのですか?」
D(とある芸能事務所関係者)「そうとも言えますね。優れた結果を出しているのは大体男性です。といってもえロイぷ 掲示板僕は女性の人格を演じるのが下手くそなんで、いつも怒られてます…」
E(とある有名芸人)「基本、食わせものが成功する世界ですからね…。女になりきるのが大変で…俺たちも苦労してます」
筆者「女キャラクターを演じるのも、思った以上に大変なんですね…」
女性キャラのどうやってだましとおすかのトークで盛り上がる彼女ら。
会話の途中で、あるコメントをきっかけとして、アーティストを名乗るCさんに視線が集まりました。
以前ここに載せた記事の中で、「エロイプでは良さそうだったものの、会ったらなんと犯罪者だと言い出した」という状況になる女性の話をしましたが、驚くことにこの女性は、その男性と普通に交際を始めることになってしまいました。
なぜかというと、「男性が怪しそうで、断る事が怖くなってその時は一緒にいくしかなかった」と思ったそうですが、より詳しい内容になったところ、彼女としても興味を持つ所がありそのまま一緒にいった所もあったようです。
犯した彼の犯罪の内容というのも、包丁よりも長いナイフを使って自分の親を傷つけたという出来事だったそうで、もしもの事を考えると危険だと普通は思うかもしれませんが、それほど変わったところもないようで、女性に対しては優しいところもあったので、警戒心も緩んでいき、普通に付き合うようになっていったとのことです。
その彼女が男性とどうなったかというと、どこか不審に思える動きも見せていたので、自分から勝手に家を出ていき、男性とは別れる事にしたのだとその女性は決めたそうです。
一緒の部屋にいるだけなのに落ち着くことが出来ないので、一緒に生活していた部屋から、話し合いなどしないまま着の身着のままで出てきたとのことでしたが、どうやら一緒にいると恐怖感が強かっただけでは済まなかったようで、口げんかだったはずなのに、手を上げて黙らせたり、凄まじい暴力を振るう感じの素振りをわざと見せてくるので、催促されるとすぐにお金もだし、色々な頼みを断らずにして、一緒に生活を続けていたというのです。

関連記事はこちら