家出@伝言板アプリ

D(キャバ嬢)「高級なバッグとか買ってって伝えたら案外プレゼントしてくれますよね。わたしだって、数人別々に同じプレゼントを頼んで1個除いて売る用に分けちゃう」
筆者「マジですか?お客さんのプレゼントが売却するんですか?」
D(キャバ嬢)「そんな騒ぐことかな?他の人も売ってますよね?飾ってたってしょうがないし、季節で売れる色味とかもあるので、新しい人に使ってもらった方がバッグは使うものなので」
E(十代、国立大在籍)受け入れがたいでしょうが、わたしもなんですけど質に出しますね」
C(銀座のサロン受付担当者)「出会い系サイトを通して何十人もことが起きていたんですね…私は一回も何かプレゼントされたりとかはないんですよ」
筆者「Cさんの話を聞きましょう。家出掲示板上でどんな目的の男性を交流しましたか?
C「高級ディナーに連れて行ってもらったことすらないです。どの相手もいつもは女の人と縁がないんだろうなって雰囲気で、ヤリ目的でした。わたしはというと、家出掲示板は怪しいイメージも強いですが、恋人が欲しくてメールとかしてたのでホテルに行こうって言うのは引きました」
筆者「家出掲示板にアクセスするのはどんな出会いを探しているんですか?
C「批判覚悟で言えば、医師免許のある人とか法律関係の方とか国立大学に在学中のエリートコースを歩んでいる人といっしょになりたいんです。
E(現役国立大学生)わたしも、今国立大で勉強中ですけど、家出掲示板だって、プーばかりでもないです。ただ、おすすめする相手でもない。」
家出掲示板に関しても家出掲示板 夫婦喧嘩オタクについてネガティブな印象のある女性はなんとなく優勢のようです。
オタク文化が慣れてきたように見える日本であっても、今でも身近な存在としての受入れがたいもののようです。

関連記事はこちら